MOON Custom Cycle Shop

MOON Custom Cycle Shop Blog

Event Report

HOT ROD & CUSTOM AUTO EXPO 2019 in Sydney!!


こんにちわ!MOON Custom Cycle Shop(M.C.C.S)の矢野です。

いつもは、東南アジアの国々へ行くことが多い僕ですが、
今回の海外出張は、初めてのシドニーへと行ってきました!!
先週末の日本は、気温も上がり、Yahoo!ニュースにも挙げられるほどだったのですが、
南半球、オーストラリアは、これから冬になる場所。

なかなか慣れないので、支度をする前にとりあえず「シドニー 天気」とGoogleで調べ、
16~21度の服装ってどんなだったっけ?など考えながらの準備でした。

そんなこんなで、羽田空港から9時間半のフライト時間を経てシドニーへ。
今回のイベントは、『HOT ROD & CUSTOM AUTO EXPO 2019』というイベントで、
土曜日と日曜日の2日間行われるイベントです。

金曜日にシドニー国際空港へ到着すると、すぐに会場へと向かい、
イベントの設営作業に取り掛かりました。



今回は、オーストラリア、パースにあるMQQNEYES DealerのArmadale Auto Partsさんと一緒にブースを作りました。



オーストラリアの人達は、僕たち日本人と比べると身長が高い人たちが多いので、
ブース設営が捗ります。

イベント会場は、ROSEHILL GARDENSという競馬場の施設内で行われ、
イベントは建物の中で行われますが、外には大きな芝生のオーバルコースがありました。



大きな観客席にも圧巻です。



日本の競馬場に行ったことがないので、比べられませんが、
すごく奇麗な場所です。

そうこうしていると、続々とエントリー車両が入場してきました!!





設営作業を終え、オーストラリアの方々と夕食へ。
レストランに行くと、もうすでに先客が待っていました。



ナチョスのボリュームにも驚きです。



入ったレストランが、イベント会場からもっとも近かったので(道を挟んだ反対側)、
いつの間にか大勢の人々と夕食を食べることになっていました。



翌日、イベント会場へ向かうと、会場内には所狭しとカスタム車両が並べられ、
施設内はもともとカーペットが敷かれており、
その上にエントリーのカーショーを並べていましたので、雰囲気も最高です!





1日目は、9時~21時までの開催となっており、開催時間が長いこともあってか、
午前中もゆっくりと始まりましたので、ブースを離れ、会場内を散策しました。









また、カスタムカーだけでなく、カスタムバイク、カスタム自転車なども展示されていました。









それにしても、こんなにカスタム人口が多いことにも驚かされます。

数あるベンダーブースの中で、今回日本からゲストで呼ばれたというKings Custom Paintさんを見つけ、
彼のブースにもお邪魔しました!
彼のペイントの技術に興味を持つ来場者も多かったようで、質問を受けてる場面を多く見かけました。



その他にもカスタムペインターのブースや、タトゥーアーティストの実演ブースなどもありました。



その中に、大量のMQQN Discに同じ模様を入れているブースを見つけたり、
MQQN Tankを使用してくれている車両もありました。







MQQNEYESブースに戻ると、Shige-sanに挨拶にいらっしゃる方々が大勢いらっしゃり、
テレビの取材が来たり、サインを求められたりと、Shige-sanも大忙しです。





夜になると、野外ステージでバンドの演奏が行われ、来場客はライブを聴きながら、
夕食を取ったり、友人と会話していたりと、各々楽しまれていました。



イベント1日目も終了となり、レストランで夕食を取りましたが、
さすがオーストラリア、ボリューム満点です。



翌日、イベント2日目の朝は、9時オープンでしたので、
オープン前に今回のイベント会場から20分程車で移動したところにある別会場で行われている、
VWイベントをArmadale Auto Parts Alanさんと一緒に見学に行きました。

会場に到着した時には、まだ搬入時間でしたが、すでに多くの車両が展示され、
スワップミートスペースにも使わなくなったパーツや、雑貨、アートなどが並べられていました。













イベント開始時間までは、入れませんでしたが、1時間程見て回り、会場を後にしました。

HOT ROD & CUSTOM AUTO EXPOの会場に戻り、イベント2日目が開始となりました。

2日目も多くの来場者が会場へと訪れ、来場者専用の駐車場にも多くのカスタム車両が止まっておりました。









イベントの最中には、ドラッグレース車両のエンジンスタートの時間もあり、来場者もマシンの廻りに集まり
、 エンジンが始動すると、耳をふさがないとその場にいられないほどの爆音と、
その場から逃げだしたくなるほど目も開けてられないくらいのナイトロガスが周囲に充満していました。







こんなに身近で見たことなかったので、良い経験になりました。

2日目もMQQNEYESブースには、多くのお客さんが来て下さり、
中には、本牧・横浜のTシャツを着てくれているお客さんもいらっしゃいました!



この日は、アワード発表が行われたようで、アワードが終了した後、
受賞者がアワードの盾を持ってブースに来て、Shige-sanのサインを求める方が数人いらっしゃいました。
ここでやっと、1日目にぺインターのブースで見た大量のMQQN Discの使い道が分かりました。





2日目のイベントは、17時までの開催時間でしたので、
イベント終了後、すぐにブースの撤収作業、帰国の準備を行い、
今回いろいろと手助けしてくれた方々と記念撮影!



そのまま会場からシドニー国際空港へと向かい、21時発の便で日本へと帰国しました。

数年前より、YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW でもオーストラリアからのお客さんが多くいらっしゃり、
今回はイベント会場でも何人もの方々から、「また横浜で!」と言って、ブースを後にされる方がいらっしゃいました。

HCS2019まで、あと半年切りました!
今年のキャンペーンは、
"Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL"です!!


矢野