MOON Custom Cycle Shop

MOON Custom Cycle Shop Blog

Trip Report

TRIP REPORT BBQ RIDE 2019 in Bandung



こんにちわ!MOON Custom Cycle Shop(M.C.C.S)の矢野です。

先週末、お台場で行われたSCNは、危惧されていた雨もイベント中は晴天となり、
素晴らしい時間を来場者、エントリー者の方々と共に過ごすことができました。
ありがとうございました。



SCN当日の様子は、今週のMMMにて配信予定となります!

今回のブログは、少し遅くなりましたが、2週間前の週末に行った、
今年2度目となるインドネシアのトリップレポートとなります!

今回の目的は、インドネシアのバンドゥンで開催された、BBQ RIDE 2019への出展!
なんと!今回のイベントTシャツは、Wildman 石井デザイン!
今年で3回目の開催となり、Wildmanも初参戦です!



羽田空港まで、(中央)MQQNEYES 営業部 "Carp" 村上さん(もちろん広島カープファンです)に送ってもらい、いざ出発です!
いつも送ってくれてありがとうございます!



前のブログで紹介した、ジャカルタ、ジョグジャカルタの都市とはまた違い、
標高の高い場所に位置するバンドゥンは、インドネシアの軽井沢と呼ばれております。
涼しい方ですが、他のインドネシアの都市と比べてということで、
気温は29度。時折吹く風が冷たく気持ち良い程度です。

そんなバンドゥンへは、これまたトランジットが必要な場所にあり、
いつもマレーシアを経由して向かいます。

トランジットを含めると、羽田空港を出発し、バンドゥンへと到着するのは、15時間後。
半日を費やしようやく到着したバンドゥン。前のブログでも紹介したように、インドネシアは雨季。
到着し、空港の建物に入るまでは、配布される傘をさしての移動。



到着が夕方だったので、そのままホテルへと向かい、
イベンと主催者のPickers Store, Irvineさんと、マレーシアArt Of SpeedのAsepさんと夕食。
この時食べたステーキは、焼き加減が超レア。中はほぼ生肉でしたが、おいしく頂きました。





明日のイベントよろしくお願いします!とみんなで写真撮影。



イベント当日。
会場周辺の天気予報は、昼前から100%雨。。
今回のイベントのコンセプトは、キャンプイベント!
インドネシアの雨季にキャンプイベント大丈夫!?と心配になりつつ会場へ。
ホテルから会場へは、30分程度とのことでしたが、山の上にあると聞き、
車での移動となりました。
道を進むにつれて、どんどん森が深くなっているのが分かりました。



会場に到着すると、昨日の雨の影響から、地面は芝生でしたが、雨が降ってベチャベチャ。
前回のインドネシア出張の際に、会場の状況をある程度聞くことが出来ていましたので、
日本から持参したオーバーシューズ(靴の上から履ける靴)を履き、設営作業を開始します。



会場に用意されたMQQNEYESブースは、大きくサインも準備され、かなり目立つ仕様になっておりました。



イベント会場には、十数台のカーショーエリア、モーターサイクルエリアが用意され、
両サイドにベンダーブース、一番奥にメインステージが配置。
会場と隣接しているスペースには、キャンプ用のテントがビッシリと張られていました。

















設営作業も一段落し、イベントが始まり、少しずつ来場者が増えてきました。



イベントが始まるとすぐに、Shige-sanと初参戦のWildman 石井さんはサイン攻め。



ステージでは、ライブも行われ、夕方になるにつれお客さんも多くなっていきました!





予報されていた100%雨の心配をよそに、会場周辺は快晴。
ここまで盛大に外れる天気予報ってすごいな。。。と思いつつ散策。

隣接するエリアには、ケータリングもあり、昼時になると、多くの来場者で賑わっていました!







そこで初めて、何かの丸焼き(たぶんラムって言ってました。)が調理されていて、迫力満点です。
ラムって意外とスリムなんですね。。。



ブースに戻ると、何やらWildman 石井さんがインタビューを受けておりました。
自己紹介からイベントの様子、初めてデザインしたTシャツの紹介などを華麗にこなしておりました!





夕方になり、会場を後にする時間になっても、多くの来場者が会場に溢れており、
僕らが会場を去った後には、メインステージに大型スクリーンを用意し、映画鑑賞も行っていたみたいです。



二日目、昨日の夜雨が降ったようで、またしても地面がすごいことに、
歩いていても滑って転倒しそうになる状態になっていました。
昨日の夜はどうだったと聞くと、夜通し賑わっていたとのこと。。みんなのパワーがすごいと思います。



そんな地面の状況最悪のコンディションでも、来場者はバイクで会場へと来ており、
ブースの準備を終わらせ、一般駐車場の方へ歩いて行ってみました。
会場を一度出て、この細い道の奥に大きなパーキングがあると聞き、早速行ってみることに。



細い道の脇にもバイクが止められていて、森と同化していました。


少し歩き、パーキングにつくと、驚いたことに、この場所も地面がすごいことになっていました。。。。
でも、現地の人達は慣れているのか、絶妙なバランスで誰一人転倒することもなく、
逆に滑らせながら見事にパーキングしていて驚きです。







会場内に、手作りの電撃イライラ棒のようなゲームコーナーがあり、進められるがままやることに、
意外と、こういう作業得意だったみたいで、何とか無事にゴール!!



いつの間にか周りには集まった人々から拍手頂きました!
そんな機会は滅多になかったので、良い体験ができました。笑。



今回も、エントリー車両の中から、見事今年のBBQ RIDE 2019のMQQNEYES Pickを受賞したのは、 こちらのC10でした!!



ジョグジャカルタから4,5時間かけ、自走で来られたようで、コンディションもバッチリだそうです!



2日目は、15時にイベントが終了となり、撤収作業。
やっぱりぬかるみにハマっている車両がありました。。
でもみんな慣れているのか、落ち着いて対処していましたよ。



ホテルに戻る途中、先日ジャカルタの空港でお会いした、インドネシアの大統領(パネル)が載っているバナーを見つけました!
カスタムカルチャーに寛容な方のようです。



会場を出た後は、Irvineさんが日本食料理屋に連れて行ってくれました!お店の名前が忘れられないです。笑

「採算」



ド直球なワードに笑いしか出ませんでした。笑

最終日、朝早くにホテルを出発、バンドゥンの空港からマレーシアへと向かい、
トランジットの後、日本へと帰国しました。

皆さんも是非インドネシアの軽井沢へ行ってみてください!

矢野