MOON Custom Cycle Shop

MOON Custom Cycle Shop Blog

Trip Report

Bonneville Challenge 2019!!!!


こんにちわ!MOON Custom Cycle Shop(M.C.C.S)の矢野です。

今回のTrip Reportは、先週お盆休みをよりちょっと長い9日間の休暇を頂き、
Bonneville Speed Week 2019に行ってきましたので、そのことについて書いてみたいと思います。
結果を最初に言うと、今年は天候に恵まれず、コースに出ることは出来ませんでしたが、
普段経験できないような貴重な経験をすることができました。

Bonneville Speed Weekは、MQQNEYESの代名詞でもある、
MQQN Discが世に広まるきっかけとなったレースということは皆さんもご存じだと思います。
そんな歴史あるレースを見に行くだけでなく、自分のバイクを持っていき、走ってみたい!
と思ったのは2年前。冗談混じりの会話から始まりました。

大学生4年間で、Sportster, Softail, Panheadと乗継、
ハンコを押せば欲しいものがすぐ手に入るという錯覚に陥っていた時期(今考えるとゾッとします。)があり、
大学の卒業式前日にIronheadを購入、横浜へと移りPanheadとIronheadを手元に置いてましたが、
Ironheadは新規の登録もせず4年間放置。
このまま街乗り仕様でもう一台作ってもPanheadがあれば十分だし、
せっかくならレースバイクを作りたい!と思い、
その車両を使って、Bonnevilleにチャレンジしようと決めました!

Hi! It is MOON Custom Cycle Shop(M.C.C.S) Yano.

For this time’s Trip Report I got a long 9 days holiday before last week's
Obon week (Japanese national Holidays) and went to Bonneville Speed Week 2019.
Therefore, I will be talking about it in this blog.
In a result, the weather was not great and didn’t manage to run on the course but,
I had a wonderful experience that cannot be experienced usually.

Everyone might already know but the Bonneville Speed Week is the race that
spread the popular MQQNEYES’ MQQN Disc to the world.
So, I thought that I wanted to bring my own bike to race at the race with that history!
It was 2 years ago when I have that thought.
It started just from a joke in the conversation.

In the 4 years of university, I rode Sportster, Softail, Panhead and
I was in a sweet illusion that I can get whatever I want
if I just stamp on the contract (scary thought when I think back).
The day before the university graduation I bought an Ironhead,
and move to Japan and kept my Panhead and Ironhead but,
I just left the Ironhead alone for 4 years not registering.
For riding in town Panhead was enough so,
I thought of making race bike and using that bike, I decided to challenge the Bonneville!



それからは、なんて恵まれた環境に僕は居るんだと心の底から思えるほど、
周りには僕がやりたいと思ったことを実現してくれる人がたくさんいることを実感じました。
まずは、車両を作りだす前に、Shige-sanより、過去のルールブックを貸してもらい、
僕のIronheadでどのクラスを目指すのかを決め、
そのクラスに合った車両を、いつもお世話になっているIM Factoryの伊藤さんに制作してもらいました。
1968XLCHは、出ているパーツも少なく、四苦八苦しながら、組み上げてもらい、
無理やりセルを付けてもらったりと難題を見事にクリアしていきながら、
どんどんBonneville Speed Weekのルールブックに沿った車両が出来上がっていきました。

After that, I felt that there were so many people around me that,
help me realize what I want to do and, I really thought that I am in a privileged environment.
Before I started to build a bike, I borrowed a past rule book from Shige-san and
decided which class I want to aim with my Ironhead.
Ito-san of IM Factory, who is always indebted with me, made a bike that applies to the class.
1968XLCH has few parts out and, struggled to assemble it like to force to install the cell.
And as we cleared the difficult issues,
the bike followed to the rule book of Bonneville Speed Week was completed.











出来あがった車両に、ベースのイエローペイントが施されていましたが、
そこに”Wildman” 石井さんのピンストライプとレタリングによってMQQNEYES Logoが描かれ、車両が完成!

The completed bike was already painted in Yellow but, by “Wildman” Ishii’s
pinstripe and lettering, MQQNEYES logo was drawn and the bike was really completed!





MQQNEYES Staff ”Kid Rocker” 松井さんによって、梱包、輸出の手配をしてもらい、
無事に車両がUSAへ渡りました。

By getting help from MQQNEYES Staff “Kid Rocker” Matsui-san,
it was packed and prepared to be shipped, and it safely arrived in the USA.







Bonneville RacerのMQQNEYES USA Chico-sanには、
エントリーの方法、事前Inspectionの段取りをSCTAのStaffの方と連絡を取ってもらい、
Inspection後には、修正箇所をCaliforniaでバイクショップをしているHog Killersの Akiさんに修正してもらい、
Bonneville Speed Weekの会場でのInspectionは無事通過することができました!

From Bonneville Racer MQQENYES USA Chico-san, I was taught about the entry,
process of the inspection and contacted Staff of SCTA.
After the inspection, to fix some parts Aki-san of California’ Bike shop Hog Killers help to fix it and,
without any problem we were able to pass the inspection at the venue of Bonneville Speed Week!



さて、今回のBonneville Speed Weekには、僕とメカニックの伊藤さん、
そして”Oh”角谷さん改め、”Baby Face” 角谷さんも自分の休暇を使い、応援に来てくれました。
LAXの空港に着くと、レンタカーのVANを借り、MQQNEYES USAに向かい、
車両の引き上げ後、そのままラスベガスまで走りました。
MQQNEYES USAで支度をしていると、いつの間にかレンタカーのVANもMQQNEYES仕様になっていました。

For this times Bonneville Speed Week mechanic Ito-san and
“Oh” Sumiya, in fact, “Baby Face” Sumiya-san came to support using his holiday.
When we arrived at the LAX airport, we rent a VAN and went to MQQNEYES USA and
after we pick up the bike we went to Las Vegas.
While we were preparing at MQQNYES USA, when we noticed VAN we rented turned to MQQNEYES Style.





ラスベガスから出発後、途中でMQQN Linerを載せたトレーラーと合流。一緒にBonneville Speedwayのある、
Wendoverへと向かいました。

After we departure from Las Vegas, we joined with the trailer carrying the MQQN Liner and
went to Wendover where Bonneville Speedway is located.





Bonneville Speedwayに到着すると、雲行きが怪しくなり、突然の突風とスコールに見舞われ、
Inspectionも途中でしたが、急遽中止。
次の日へと見送りになりました。この嵐が今回のBonneville Speed Weekに大打撃を与えてしまいました。
地面も長靴が必要なほどになってしまいました。

When we arrived at the Bonneville Speedway, the sky started to get cloudy and turned to sudden gust and squall,
we were midway through the inspection but we canceled it.
And continued to the next day. And this bad weather gave heavy effect to the Bonneville Speed Week.
The ground was in a terrible condition enough to require boots.









次の日から、晴天が続き、無事にInspectionも通過。
思っていたクラスとは違うクラスになってしまいましたが、難しい修正などはありませんでした。
Inspectionが終わると、Inspectorの方から、「Good Luck, Be Safe, Go Fast」と声をかけられ、
Shige-sanからも一言。「Don`t be a Hero」
少しずつドライバーだということを実感しました。
Inspectionも終わり、Log Bookも無事ゲットしてから、晴れてドライバーリストバンドが貰えます。

From the next day, Sunny day continued and safely passed the Inspection.
The class changed from the one I thought but, there weren’t difficult changes.
After the Inspection is finished, Inspector said to me “Good Luck, Be Safe, Go Fast”
and a word from Shige-san “Don’t be a Hero”.
I gradually realized that I’m a driver.
Inspection is done and got the Log Book, and finally, I can get the Driver Wristband.













土曜日になると、Driver`s Meetingが行われ、多くの参加者が集まり、
レースの注意事項や、国家斉唱などを行い、その後にRookie Meetingが行われました。
僕は今年初めての参加で、まだライセンスを持っていませんので、Rookie Runから始まります。 
説明を聞いていると、たぶん125マイルまでしかスピードを出してはいけないようです。
スタートが200キロとは、スケールが違います。
一本走ればEライセンス。
125マイル-150マイルでDライセンス。
150マイル-200マイルでCライセンス。
と、どんどんライセンスを取得しながらスピードを上げていくようですが、
スタートが200キロということに驚きました。

On Saturday there is a Driver’s Meeting and many participants gathered and notes for the race,
singing of a national anthem and after those, there was the Rookie meeting.
When I was listening to the explanations probably you can’t put on speed over 125miles.
Can’t be compared to staring speed of 200km/h.
If you run once E License.
125 miles - 150 miles is D License.
150 miles - 200 miles is C License.
and by getting the License, Speed is raised but I was surprised with starting from 200km/h.





この時点では、土曜日、日曜日のレースはキャンセルとなっていることが確定していて、
この2日間は何もすることがありません。
お昼ご飯は、日本から持ち出したソーメンをみんなで食べたり、Chicoさんが焼くChico`s Burgerを堪能したり、
毎年Bonnevilleに参加しているKiyo`s Garageのキヨさんや、Chabott Engineering 木村さんらも招待し、
悠々と時間を過ごしていました。

At this point it was already decided that Saturday and Sunday’s race is canceled so,
I have nothing to do for this 2 days.
For lunch, we ate Somen noodles that we brought from Japan and also enjoyed the Chico’s Burger.
Kiyo-san of Kiyo’s Garage who participates in Bonneville every year and
Kimura-san of Chabott Engineering were also invited and spent a nice time.











折角バイクを持ってきたのだからと、Shige-sanの好意でShopの前に展示させてもらい、
MQQN Linerと一緒に写真を撮ることができました!
MQQNEYES Staffの僕でも、MQQN Linerを見るのも珍しく、
さらに自分のバイクとのツーショットが撮れる機会なんてなかなかありません!

Because we brought the bike,
I was allowed to display the bike in front of the Shop in favor of Shige-san.
I was able to take the photo together with the MQQN Liner!
Although I am MQQNEYES Staff it is rare to see MQQN Liner and,
it is even a rare chance to take a photo together with my bike!



いつレースが開始されるかもよくわからない状況でしたので、開始されたらすぐにコースに行けるよう、
イベント公認のガソリンを買い、(2ガロンで25ドルには驚きましたが。)準備は万端です!
他の燃料を入れられないよう、給油後は、ガスキャップにシールが貼られ、
担当のSCTA女性スタッフの物なのか、マニキュアでしっかりマークを付けられます。

We were in a condition where we didn’t know when the race will start so,
we bought an Event Official gasoline (I was surprised that it was $25 for 2 gallons) so,
we can go to the corse any time when it starts!
After refueling, the gas cap is sealed so that no other fuel can be put in and,
it is marked with a manicure whether it is from the SCTA female staff who is in charge.





さらに、カナダ、オーストラリアのカメラマンからリクエストがあり、
よく雑誌、SNSで見るような、山をバックに写真を撮る機会がありました!
しかも、レーシングスーツを着て一緒に写ってくれと言われ、撮影してもらいました。

Also, I got a request from Cameraman from Canada and Australia and,
I had a chance to take a photo having a mountain in a back like what you see in magazines and SNS.
Furthermore, I was also asked for a photo with my bike wearing a racing suit.







スーツも着たことだし、少しテストランでもしてみますか!と誰が言ったのか、
その場はノリノリで、急遽テストランをすることに。
レース用ガソリンは、無鉛ガソリンのオクタン価100。どんなものか試したくなります。
実は、日本でテストする場所が無く、この時初めてクラッチを繋ぎ走ったのが初めてでした。
レースがキャンセルとなるくらい塩のコンディションは悪く、シートに座ることが出来ませんでした。
初めて塩の上で走った時は、ヘルメットの中で大興奮です!
バイクにしがみ付いているのがやっとでしたが。。。
コースに出たらもっとマシだと言い聞かせながらも、走った後は、手が震えてました。笑

I have worn the suit, so let’s have a Test run!
Someone has said it so, at that time I was excited and decided to have a Test run.
Gasoline for the race is unleaded gasoline and 100 octanes.
I want to try how it goes.
Actually, there wasn’t a place to test in Japan so,
this was the first time to connect the clutch and take a ride.
The salt condition was so bad that the race was canceled and
I was not able to sit on the seat.
When I first rode on the salt I was in a great excite in my helmet!
Although it was the best to cling to my bike…
I kept on telling myself that it will be better on the course but,
after I had a run, my hand was shaking.





日曜日の夕方頃に、月曜日もレースがキャンセルになることが分かり、
Bonnevilleの洗礼を1年目にして受けてしまったようです。
もともと月曜日の夕方までの滞在予定でしたが、レースが行われないと分かったので、
月曜日の朝にはWendoverを出発しました。
折角ここまで来たので、Bonneville Speedwayのモニュメントの前でTeam Sunny#9009の3人で記念撮影です。

In the Sunday afternoon, Monday’s race was decided to be canceled and
I got the baptized by Bonneville.
Originally I was planning to stay until Monday afternoon but,
because race is canceled we departure Wendover on Monday morning.
Although, it was a special occasion so, in front of the Bonneville Speedway monument
we took a photo of 3 members of Team Sunny#9009.



LAXに向かうため、塩から上がった後に、VANについた塩を落とさないといけません。
そのため、近くにあるCar Washで車の下にも潜り込み、高圧洗浄機で塩を落としていきます。
VANはある程度奇麗になったのですが、僕が塩だらけになります。
一度ホテルに戻り、シャワーを浴びてからカリフォルニアに向け出発です。

Before heading to LAX after getting out from the salt,
we have to clear off the salt on the VAN.
So, we went to the Car Wash nearby and went under the car and
washed off the salt with a high-pressure washing machine.
VAN got clean but, now I am all over with salt.
I once went back to the hotel and took a shower and then heading back to California.







MQQNEYES USAに到着すると、再度Car WashとIronheadの洗車です。
少し走っただけなのに、到る所に塩がついていて、なかなか取れません。
シートカウルも外し、これは日本に持ち帰り、クラスが変わってしまったので少しだけやり直しです。

When I arrived at MQQNEYES USA, now it is time for Car wash and washing the Ironhead.
It just ran only a little bit but, there was salt everywhere and it is hard to clean off.
Took off the seat cowl, this will be brought back to Japan and the class changed so,
had to start over a little bit.









掃除も終わり、帰国する為にLAXの空港に向かい、便の違う”Baby Face” 角谷さんを先に空港に降ろし、
レンタカーのVANを返そうとした時に、空港から連絡があり、
台風10号の影響で遅延してしまっているとのこと。今回の旅はつくづく天候に振り回されます。
結局成田空港行きの便に乗り換えることで、その日のうちに搭乗することが出来、無事に日本に帰国しました。

Finally, we finish cleaning and headed to LAX airport to return to Japan.
We drop off “Baby Face” Sumiya which is different flight first and
while we were returning the VAN I received a contact from the airport and
that there is a delay due to Typhoon No. 10.
This trip is totally swayed by the weather.
So, to transfer the flight bound for Narita airport,
we were able to go on the airplane on the day and safely came back to Japan.





今回はコースに出ることは叶いませんでしたが、Inspectionの通過、
コースに出るまでの準備等、現地に行かないとわからない部分が明確になり、
来年の準備が出来たことは、収穫になりました。
Bonnevilleの土地に立たせてもらうまでに、多くの人のサポートがあって、
自分がやりたいと思ったことを実現してくれたことにとても感謝しています。
ただカッコイイことをしたい。ただBonnevilleの土地で走ってみたいというわがままが、
会場で会った人々からもGood Luckと声を掛けてもらったり、遠く離れた日本からも応援のメッセージを頂いたり、
日本以外のアジアの方々からも多くの応援のメッセージを頂いたりとどんどん広がっていき、
より一層走りたい気持ちが強くなりました。
それにしても、憧れのBonneville Speed Week、そう簡単には走らせてくれませんね。。。
また来年、懲りずにChallengeしたいと思います。

This time I wasn’t able to go on the course but, passing inspection,
preparation before going on the course, and other concerns without going to the venue became clear so,
it was a good occasion to prepare for next year.
Before I was able to stand on the field of Bonneville,
I got many supports and I really appreciate that I manage to realize what I want to do.
Just wanted to do cool things. Just wanted to have a ride at the field of Bonneville,
it started with these self-will but I got a word Good Luck from many people at the venue and
got a cheering message from Japan and other Asian country and it gradually spread,
and my feeling got stronger to run for next year.
Anyway, the admired Bonneville Speed Week, it won't make me run so easily…
For next year, I want to Challenge without discipline.

矢野 / Yano